apatheia.info

FluentdのデータをGraphiteに出力するときのTips

Published on 17 Mar 2013 Tags: fluentd graphite logging visualization

fluent-plugin-graphite 利用時のメモ。

Ops界隈での可視化というと、ここ何年かはGraphiteでグラフを作ってそれを他のツールで表示する、みたいなのが多い。Fluentdのデータを可視化したい場合はGrowthForecastが使われることが多いけど、Graphite使ってみるといろんなツールと組み合わせられておもしろい。

Fluentd から Graphite へデータを送るのは Fluent-plugin-graphite を使えば簡単に実現できそうなんだけど、プラグイン側のインターフェース(:key:count といったキーが必要)に合わせて入力のデータを整形する必要がある。

こういった調整は、out_map を使うことで実現できる。

<source>
  type tail
  format apache
  path /var/log/httpd/access_log
  tag apache.access
</source>
<match apache.access>
  type map
  map [["graphite." + tag, time, {"key" => "graphite.apache.accesslog.code." + record["code"], "count" => 1}]]
  multi true
</match>
<match graphite.**>
  type graphite
</match>