apatheia.info

MySQL::Sandboxで環境を作ってBLACKHOLEエンジンを試す

Published on 31 Dec 2011 Tags: mysql

ちょっとMySQLのBLACKHOLEエンジン使って調べたいことがあったんだけど、 MySQL::Sandbox 使うとレプリケーション環境が簡単に構築できて便利。

以下は、MySQL::SandboxのセットアップからBLACKHOLEエンジン使うところまでの記録。

前提

手順

インストール

cpanm でMySQL::Sandbox をインストール。

$ cpanm MySQL::Sandbox

これで make_sandbox などのコマンド群がインストールされる。

データファイルは以下のようなファイル構成を取る

サーバーセットアップ

サーバーを起動してみる。

# 使用するディレクトリ設定
$ export SANDBOX_BINARY=$HOME/opt/mysql
$ export SANDBOX_HOME=$HOME/opt/sandboxes
# ソース取得
$ cd SANDBOX_HOME
$ curl -L -o mysql-5.5.19-linux2.6-x86_64.tar.gz http://www-jp.mysql.com/get/Downloads/MySQL-5.5/mysql-5.5.19-linux2.6-x86_64.tar.gz/from/http://ftp.jaist.ac.jp/pub/mysql/
# Sandbox 作成
$ make_sandbox $SANDBOX_BINARY/mysql-5.5.19-linux2.6-x86_64.tar.gz

これで$SANDBOX_BINARY/5.5.19 にサーバーが、また $SANDBOX_HOME/msb_5_5_19 以下にインスタンスが作成される。

この時点で起動出来ているはずなので、接続してみる。以下で mysql クライアントが起動するはず。

$ $SANDBOX_HOME/msb_5_5_19/use

use以外には、start, stop, status などの名前から動作が推測できそうなコマンド群がある。$SANDBOX_HOMEには複数のサンドボックスを操作するコマンド use_all, start_all, stop_all などがある。

$ make_replication_sandbox 5.5.19 
# 第二引数はtar.gzまでのパスでもいいが、一度展開されたらバージョン番号指定でもいい。make_sandboxも同様

以上で、 master, node1, node2 というサーバーが起動する。node1, node2 は masterを参照したレプリケーション構成となる。デフォルトでノードは2台だが、--how_many_nodes オプションで台数は変更可能。

同様にCircular recplication(日本語訳だとなんになるんだろう)も簡単に作れる。マスター/マスターレプリケーションはCircular replication が2台のみの構成だった場合に同じ。

$ make_replication_sandbox --circular=4 5.5.19

これで node1 -> node2, node2 -> nod3, node3 -> node4, node4 -> node1 という循環関係のレプリケーションが作れる。

使い終わったら止めておこう。

$ $SANDBOX_HOME/stop_all

BLACKHOLEエンジンを試す

準備ができたので、BLACKHOLEエンジンを使ってみる。BLACKHOLEエンジンはバイナリログは記録するが、データは残さないストレージエンジンのこと。

まずは、サンドボックス作成

$ make_replication_sandbox –circular=3 5.5.19

デフォルトストレージエンジンをnode1, node3はInnoDB、node2 はBLACKHOLEに変更

$ echo default_storage_engine=InnoDB >> $SANDBOX_HOME/rcsandbox_5_5_19/node1/my.sandbox.cnf
$ echo default_storage_engine=BLACKHOLE >> $SANDBOX_HOME/rcsandbox_5_5_19/node2/my.sandbox.cnf
$ echo default_storage_engine=InnoDB >> $SANDBOX_HOME/rcsandbox_5_5_19/node3/my.sandbox.cnf
$ $SANDBOX_HOME/rcsandbox_5_5_19/restart_all

node2, node3 のレプリケーションだけ再開して、node1 -> node2 -> node3 の2階層スレーブにする。

$ $SANDBOX_HOME/rcsandbox_5_5_19/node2/use -e start slave
$ $SANDBOX_HOME/rcsandbox_5_5_19/node3/use -e start slave

実験のための構成が完成した。ここで、node1 にデータを流し込んだとき、node2 にはデータが残らなくて、node3 にデータが出来たら成功。

サンプルデータには、Sample database with test suiteを利用する。

$ curl -LO [http://launchpad.net/test-db/employees-db-1/1.0.6/+download/employees_db-full-1.0.6.tar.bz2](http://launchpad.net/test-db/employees-db-1/1.0.6/+download/employees_db-full-1.0.6.tar.bz2)
$ tar xf employees_db-full-1.0.6.tar.bz2
$ cd employees_db
# InnoDB が決めうちで設定されているので、コメントアウト
$ sed -i -re s/^\s+(set storage_engine = InnoDB;)/-- \1/ *.sql
# 取り込み
$ $SANDBOX_HOME/rcsandbox_5_5_19/node1/use  -t < ./employees.sql

結果

$ cd $SANDBOX_HOME
$ du -sh rcsandbox_5_5_19/node?/data/ibdata1
219M    rcsandbox_5_5_19/node1/data/ibdata1
18M     rcsandbox_5_5_19/node2/data/ibdata1
219M    rcsandbox_5_5_19/node3/data/ibdata1

node2 だけデータファイルがふくらまない。

$ ls -l rcsandbox_5_5_19/node2/data/
合計 357652
drwx------ 2 f440 f440      4096 2011-12-31 17:15 employees/
-rw-rw---- 1 f440 f440   5242880 2011-12-31 17:14 ib_logfile0
-rw-rw---- 1 f440 f440   5242880 2011-12-31 17:11 ib_logfile1
-rw-rw---- 1 f440 f440  18874368 2011-12-31 17:14 ibdata1
-rw-rw---- 1 f440 f440        88 2011-12-31 17:16 master.info
-rw-rw---- 1 f440 f440      5925 2011-12-31 17:14 msandbox.err
drwx------ 2 f440 f440      4096 2011-12-31 17:11 mysql/
-rw-rw---- 1 f440 f440      6273 2011-12-31 17:14 mysql-bin.000001
-rw-rw---- 1 f440 f440 168403385 2011-12-31 17:16 mysql-bin.000002
-rw-rw---- 1 f440 f440        38 2011-12-31 17:14 mysql-bin.index
-rw-rw---- 1 f440 f440       315 2011-12-31 17:14 mysql_sandbox15902-relay-bin.000005
-rw-rw---- 1 f440 f440 168399499 2011-12-31 17:16 mysql_sandbox15902-relay-bin.000006
-rw-rw---- 1 f440 f440        76 2011-12-31 17:14 mysql_sandbox15902-relay-bin.index
-rw-rw---- 1 f440 f440         5 2011-12-31 17:14 mysql_sandbox15902.pid
drwx------ 2 f440 f440      4096 2011-12-31 17:11 performance_schema/
-rw-rw---- 1 f440 f440        75 2011-12-31 17:16 relay-log.info
drwx------ 2 f440 f440      4096 2011-12-31 17:11 test/

node2 のバイナリログ、リレーログはちゃんと出来ているので、BLACKHOLEエンジンの適用を確認できた。

メモ